コラム/サッカーのワールドカップの歴史とは?

サッカーボール.jp


コラム/サッカーのワールドカップの歴史とは?
オリンピックに次ぐ世界規模の大会にサッカーのワールドカップがあるのですが、その歴史は古く1930年から開催されています。
このサッカーワールドカップの第1回大会は1930年に南米のウルグアイで開催されていて、予選からの参加国は13カ国と少ないものでした。
第2回大会からは予選からの参加国が増え始めていき、イタリアで開催された第2回大会では31カ国が参加しました。
しかし1938年のフランス大会から1950年のブラジル大会の間では、第2次世界大戦の影響でワールドカップは開催されませんでした。
第2次世界大戦が終わると、ワールドカップの予選参加国が急激に増え始めて、今では約190カ国という世界中のほとんどの国と地域が参加しています。
他のスポーツでは、サッカーワールドカップくらいの大規模な大会は無いと言われていますので、日本でも多くの人が注目しているのです。
このようにサッカーワールドカップの歴史は古く、色々な困難を乗り越えながら多くの人に創りだされてきた、世界中で愛されている大会でもあります。
日本代表もワールドカップ本大会に出場できるように頑張っていますので、歴史に名が刻めるように皆さんも応援していきましょう。

ショッピングモール
サッカー
サッカー

サッカー用品
WEB SHOP 探検隊
レジャー・スポーツ/サッカーランキング

お知らせ
リンク集移転しました。
 ⇒ 新しいページはこちら


上へ ↑